icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

Blogブログ“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ

WEB制作・マーケティング ウェブデザイン

ページの向こうに町が見えてくる。神奈川県内の地域ポータル・WEBマガジンまとめ

地域ポータルまとめ
こんにちは 鈴木です。
早いもので、カズミアのスタッフとして働きだしてから1年が経ちました。
カズミアのオフィスがある海老名・厚木エリアの地域ポータルサイトnomaの運営にも関わって1年になります。
フリーペーパーやWEBマガジンなどの地域メディアは、自分に所縁のない土地のものでも気になるように。

というわけで今回は、同じ神奈川県内の地域ポータルをいくつかご紹介したいと思います。

THE SHONAN MAG

the_shonan-mag
http://shonan-magazine.jp/
湘南に暮らす人、湘南を好きになり通っている人、そしてこれから湘南を好きになる人、
「湘南が好き」なすべての人に湘南の「今」を届けたいというコンセプト通り、
地元のひとに役立つ情報はもちろん、他エリアから観光に訪れる人にも見やすく情報がまとまったサイトです。
デザインもさわやかですてきです。

SHONAN garden

SHONANガーデン
http://shonan-garden.com/
TOPのメインビジュアルは記事をランダムにページいっぱいに表示。
カテゴリ分類1つめに 「LIFE STYLE」がきているのも、毎日を楽しみながら自分のスタイルを持った人が多く集うエリア湘南ならではですね。

BRISA

BRISA
http://brisa.jp/
こちらは運営会社が不動産屋さん。
デザイン・カテゴリ分けともに女性寄りな印象を受けます。湘南エリアの地域ポータルは複数ある中で、ターゲットが明確ですね。
カラフルですが、大人可愛い雰囲気です。

創造都市横浜

創造都市横浜
http://yokohama-sozokaiwai.jp/
ACY:アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)が企画・制作・運営するウェブマガジンです。
他言語対応!
特集はアート関連がほとんどのようですが、グルメ記事も美味しそうです。
黒が効いてますね。

あとろこ横浜

atloco
http://magazine.atloco.jp/
こちらも黒がアクセント。青との組み合わせで洗練された上品さがあります。
スマートフォンアプリがメインのようですが、フリーペーパーも発行されており、
アイキャッチの一枚に至るまで画像がとにかく素敵です。

mirea

mirea
http://www.mirea-web.jp/
商業施設も多くデートスポットの定番みなとみらい。プロモーションムービーでのっけからいきなりおしゃれです。
きらきらまぶしい情報ばかりかと思いきや、エリア内のコンビニ情報まとめなどリアルに助かる情報も!
こちらも紙媒体でも発信されています。

minatomirai21


minatomirai21
http://www.minatomirai21.com/
みなとみらいからもう1つ。一般社団法人横浜みなとみらい21が運営するWEBサイト。
画面左側をスクロールに合わせて飛んでいくさりげないカモメがかわいい!
レスポンシブデザインです。

大磯新聞

大磯新聞
http://oisonewspaper.com/
県下最大級の青空マーケット、大磯市の開催で、どんどんおもしろいひとやおもしろいものが集まってきている印象の大磯エリア。
シンプルな中にひとひねりあるヘッダーデザインが素敵です。

ミサキファンクラブ

MFC
http://misakifc.com/
三浦市内で活躍する人たちが情報やコラムを配信するキュレーション型ウェブマガジン。
コラムやインタビューなど、そこに住む方々の気配がする記事からエリアの魅力が伝わってきます。
どこかなつかしさを感じるイラストも印象的。行ったことないけど行ってみたくなりますね。

オダワラボ

オダワラボ
http://odawalab.com/
漢字+そのエリアを表すモチーフを取り込んだロゴがかわいい小田原のWEBマガジン。
編集部の方が発信するレポート記事の他、読者からの投稿も募集しています。

noma

noma
http://noma.today/
弊社が運営する海老名・厚木エリアの地域ポータルサイト。
自然を多く残しながらも再開発で新しい風が吹く2つのエリア。明るいイメージカラーの黄色とちょっぴりゆるいイラストがポイントです。
ロゴやデザインも好評で、ロゴから名前を覚えてもらえることも多くうれしい限りです。

 

デザイン・コンテンツともに同じ神奈川県内でも、エリアごとにカラーががらっと違って面白いですね。
機会があれば、都内や他の県でもまとめてみたいと思います。

おすすめ記事

トップへ戻る