icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

Blogブログ“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ

ライフスタイル 本・雑誌

昭和へタイムトリップできる本たち

こんにちは萩原です。
もともと私が小さい頃のおまけシールやガチャガチャなど好きですが、
もっとマニアックな内容の本を立て続けに読んだのでご紹介。

日本なつかし自販機大全

日本なつかし自販機大全

図書館で借りました。
・懐かしの自販機紹介
・内部メカニズムの徹底解剖
・奇跡的に存在するという自販機(関東、全国、ホテルなど)

などなどの特集。
そしてさらに閉店してしまった名店まで!

日本なつかし自販機大全

k151004dこのk151004e

自販機を残しているくらいだから店自体も味わい深いです。
看板やネオンも気になりますね。

k151004c

懐かしい。。確かに私が子供の頃にはよく見かけた気がします。
高速道路のサービスエリアとか?
麺類はさすがに買った記憶はないですが ハンバーガーはなんか買ってもらったような思い出があります。
上の写真のおじさんもなんだか知っているような!
こどもだとこういうなんかワクワクする感じに引かれたんでしょうね。
箱に入っていて自販機で出るっていう。

味は、、、コメント控えますw

エロ本はともかく乾電池やカセットテープまであったっけ?
30代の私でも存分に楽しめた一冊。

日本懐かし自販機大全 (タツミムック)

懐かし自販機~昭和レトロ~味わいの自販機コーナー

よみがえるケイブンシャの大百科

よみがえるケイブンシャの大百科

777冊の大百科があるんだって!
wikiを読むと2002年に倒産したらしいがその直前まで大百科シリーズは続いてたみたい。
平成生まれも知ってるんですね!
背表紙いいですねー
まんだらけとか行ったら高価でうられてるんだろうなー

k151004bb

k151004ee

たけちゃんまんだけで一冊

k151004cc

個人的にはオマケシール大百科とファコン系を読みたい。
ビックリマンとかオマケシール自体が復刻したりいまだにビックリマンは需要があるのでこのオマケシール大百科はすごく貴重。
当時の他のオマケシールもみてみたい。
まったく知らないシールもあるんだろうな。
あとはファミコンの攻略本もwikiのリストみるとあーもってるわー 。
あれ、最近実家でみたかも!みたいな本も。
もっかい探してみよっと。
あなたの実家にも眠ってるんじゃないでしょーかー。

よみがえるケイブンシャの大百科

よみがえるケイブンシャの大百科

アウトサイダー・プラモデル・アート 青島文化教材社の異常な想像力

私が生まれるさらに前にはじまったアオシマの合体プラモデルシリーズ。
さすがに記憶がない商品ですが、当時はヒットした商品だったようです。
その合体プラモデルシリーズを貴重な写真、資料とともにあますことなく紹介しています。

k150929b

この時代はほんとパッケージが秀逸。 凄腕プラモデル絵職人がいるんだろうなー。

k150929c

いちいちコピーが面白くてイイ。

「どうかしてる想像力」とか「結果、アオシマは頭だけのプラモデルをつくり続けた」とか名言すぎて気になりすぎるでしょ。

k150929d

私的には「アオシマ」で思い出すのは日本の歴史シリーズ。
私が小4か小5くらいのときに友達と一緒に行ったプラモデル屋さんでみつけて一目惚れ。
ほかの店探してもなくてそのプラモデル屋さんにもう一度いこうとしても 当時は地理感なさすぎて迷子になる始末。。
それで中学生のときにそれをみた「信長の野望」とかやってた友達に見せたらすげー反応してた記憶がある。
それみたさに家遊びにきてたなー

いままでの流れだとアオシマもすでにない、、?
と思う方もいらっしゃると思いますが アオシマはまだまだ第一線の玩具メーカーですね!
最近はフィギュアにも力を入れている様子。

株式会社 青島文化教材社

アウトサイダー・プラモデル・アート 青島文化教材社の異常な想像力

昭和レトロ家電

昭和レトロ家電
 
商品をアピールする素敵なキャッチコピーやイラスト、人々をフィーチャーするとともに当時のアイデアあふれるチラシがぎっしり並びます。
昭和なデザインの参考にもなるのでデザイナーにとっては面白い教材かも。
この時代の”文字”はすごくいいですよね。

k150929e k150929f k150929g

続・懐かしくて新しい昭和レトロ家電―増田コレクションカタログ編
 

すばらしきインチキガチャ

それぞれの項目にそえてあるキャッチコピーと本文もまじめかつ面白い文章で楽しめます。
巻末には関係者インタビューや商品だけでないコスモスという会社を知るための貴重な資料の数々も掲載しています。
みてると、これ、もってた!これもコスモスなの?ってのが同年代の人にとってはきっとでてくるんじゃないかと。

素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に

あの頃にちょっとだけ戻りたい

懐かしいですね。
ほんのちょっとの時間でも自分の子供時代にタイムトリップしてあの時代を堪能したいです。

おすすめ記事

トップへ戻る