icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

Blogブログ“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ

ライフスタイル 体験

【noma編集部】noma memberオフ会を開催しました。

こんにちは。
弊社が運営するオウンドメディア「海老名と厚木を彩るローカルマガジンnoma」を担当しているnoma編集長の小川です。

先日お知らせさせていただきましたが、フリーペーパーnomaが2019年日本タウン誌フリーペーパー大賞「新創刊部門で優秀賞」を受賞しました。

そんなnomaでは、タウンライターさんを抱えております。(noma memberと呼んでいます。)

noma memberの皆さんは海老名・厚木在住で地元の情報をnomaで発信していただいています。
読モならぬ読ラといった感じで「元々nomaの読者だった」方が多くいらっしゃいます。

そんなnoma memberたちのコミュニケーションの場や何かスキルアップの場などの提供ができればと考えており、noma memberオフ会を実施しました。
単発で開催したことはありましたが、今後は月1回の定期開催を目標にやっていけたらと思っております。

学びとコミニュケーションの場をつくる


今回は、弊社1Fにあるnoma studioカメラマンの斎藤に講師をお願いし「カメラワークショップ」を開催。
実は、このレジメも彼女の手作り。
任せたら120%の力を発揮してくれるカズミアスタッフに心底惚れ惚れしてしまいます。

このワークショップの目的としては、noma memberが1人でも取材しながら魅力的な写真を撮影できるようになったらいいなということ。
また、noma memberの皆さんからも「カメラワークショップをやってほしい!」というお声が上がっていたので実現しました。


座学から実践まで約60分。
「魅力的に見える写真」「そうでない写真」の違いが分かった時の皆さんの顔は、とても良い顔でした。
その後、ランチをみんなで食べでコミュニケーションをとる時間があったんですが、年齢もバラバラなのに打ち解けるのが早くてびっくり!
地元が一緒という繋がりも大きいのかもしれません。

もう一歩踏み込んでnomaを一緒につくる


午後は、nomaのフリーペーパー編集会議を実施しました。
今までは、noma編集部内だけで企画から構成・ほとんどの取材を行ってきました。
しかし、地元に住むnoma memberだからこそ感じることや知識などを発揮してほしいという思いでフリーペーパーの編集会議にも参加していただきました。

今後は、取材にもどんどん関わってもらってnoma memberの一員であることを楽しんでもらえたらと思っています。

海老名と厚木を彩るローカルマガジンnoma

おすすめ記事

トップへ戻る