icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

Works制作実績

カーテンミュージアム

カーテン 大和 webデザイン
カーテン 大和 webデザイン
大和市 カーテン スマホサイト制作
カーテン 大和 チラシ
カーテン 大和 イラスト
大和市 写真撮影  出張

ご依頼のきっかけ・課題

以前のWebサイトではカーテン屋さんとしてのイメージと異なる訴求力のないメインビジュアルやメニューのボタンが小さいなどWebサイトとして問題点が多く、お客様に訴求しきれていないそして集客につながっていないのがクライアントの悩みでした。そんな中、当社のクリエイティブやWebサイトの表現・メッセージ・文章やイラストなどを気に入ってくださり、Webサイトを見直したいとご相談いただきました。
施工事例の表現や写真の使い方、お知らせなどのコンテンツなどを1つのWebサイトで完結するようにすることで見やすく分かりやすくし、またクライアント側で更新しやすくすることを課題として取り組みました。

 

制作のポイント

「地域名+カーテン」「地域名+オーダーカーテン」などの検索上位表示はできていたのでSEO対策はさほど問題ありませんでしたが、文章や写真の訴求力が弱く、Web上での見せ方に課題がありました。
スタッフの皆さんのあたたかい人柄がWebサイトに出ていないのがとてももったいないと感じ、スタッフ紹介を入れて親近感を、「カーテンのコンシェルジュ(プロ)」であることをアピールして頼もしさを持たせるようにしました。
また、ページ構成の見直しを図り、不要なものを整理して導線を改善、写真・文章の表現のアドバイスをさせていただき、盛り込むコンテンツや言葉の選び方は相談して決めていきました。
カーテンを量販店で安価で買うこともできる現代において、改めてオーダーカーテンの良さ・強みを強調することでターゲットとWebサイトのマッチングを目指しました。

デザインのポイント

色とりどりのカーテンを際立たせるため、淡い生成り色をベースに使い、ロゴのグリーンとオレンジをアクセントカラーに使いました。コンセプトは「さりげなく、でも個性的に」。アナログ感を残し、ナチュラルであたたかみのあるデザインにしました。
写真撮影は1日かけて行い、スタッフや店内、商品であるカーテンなどを当社のカメラマン・阿部が担当しました。また、Webサイト全体に手描きのイラストを多用し、親しみやすく分かりやすいデザインにしたのもポイントです。

構築のポイント

主流であるレスポンシブWebデザインを採用し、クライアント側で施工事例や商品ラインナップを更新できるようにWordPressをカスタムしてユーザビリティを大切にしました。更新方法の使いやすさ・分かりやすさはクライアントにとても喜んでいただきました。
また商品ページは「シンプル」「ブルー系」「ウォッシャブル」など、カーテンのテイストや機能をカテゴリ分けしてアイコンをつけ、直感的に商品を検索できる工夫も行いました。

担当者コメント

多くのクライアントがそうであるように、Webの専門知識を持たない中で一緒に制作していくことはとても大変なことだったと思います。通常業務の合間を縫って原稿や写真を集めていただいたり、夜遅くまで打ち合わせしたり…それもこれも「良いWebサイトを作りたい」と強く願う気持ちがあったからこそだったと思います。
リニューアルまでには約半年かかりましたが、その後すぐに問い合わせや来店が増え、狙いどおりの結果が出たのはとても大きな喜びであり、全力で協力いただいたクライアントに感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も施工事例やラインナップの投稿をクライアント側でこまめに行っていくことでもっと効果が期待できると思いますし、「カーテンミュージアムに頼んでよかった」と思っていただける最大の結果に繋がっていくと思います。

このプロジェクトのメンバー

  • 萩原 和哉
  • 阿部 真弓
トップへ戻る