icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

Blogブログ“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ

WEB制作・マーケティング Facebook

Facebook広告による採用活動で1人採用した話

こんにちは、萩原です。

現在、当社ではスタッフ大募集中です。
Web制作業界ですとFind jobやWantedly、MOREWORKSなどを利用した採用活動が活発かと思いますが、最近自社運用サイトでのFacebook広告活用経験からFacebookを利用した採用活動もアリかも?と思い今回、採用活動の第一歩としてFacebook広告を利用してみました。

ターゲット=求める人材は?

① 正社員を希望する神奈川、東京在住の方

当社の考えに共感し、雰囲気が好きな方かつ経験豊富な正社員候補の方

② 正社員、アルバイトを希望する厚木、海老名に在住の方

地元密着のデザイン会社という面からも会社近くで生活されている方

③ アルバイトを希望する当社近隣デザイン系大学いくつかに在学中の方

神奈川工科大学や東京工芸大学など近隣の優秀な人材がいそうな大学が多いのでアルバイトで探している方

今回③のターゲティングとして個人的に初の試み、Facebook広告で「その他の利用者層」の「学校」で絞ってみました。

facebook広告で採用活動

こちらにユーザー属性一覧がまとめられています。
とっても便利!

Facebook広告で指定できるユーザー属性一覧表(2015.9時点)

 

Facebook広告出稿の結果は?

こんな感じで広告をだしています。
画像と文章は少し変えて数種類の広告を用意しています。

facebook採用活動

Facebook広告をだして、翌日くらいに2名からのエントリー!
と思ったのですが「知ったきっかけ」をみるとWebデザインリンク集や検索で、、とのこと。
さらにその翌日に1名エントリー!
こちらはFacebook広告ターゲット③、近隣の大学生の方からの応募でした。

とりあえず4日間程度だしてその後は反応なかったのですが、これで合計5,000円くらいの消化金額でした。

そして、その学生1名の面接をし、条件・スキル・将来像からも期待がもてたため採用に至りました。
希望するスタッフの採用がこんな短期間にこの価格で採用できるのは結構魅力ではないでしょうか?

今後もターゲット設定などもいろいろ変えてFacebook広告での採用をうまく活用していきたいと思っています。

以上、Facebook広告での採用活動で1名採用したお話でした!

Facebook広告 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)

おすすめ記事

トップへ戻る