icon_top icon_right icon_left arrow_right arrow_left search window heart arrow_curve_right arrow_curve_left amazon google instagram twitter pinterest facebook

“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ“ものづくり”と“ものがたり”を考えるブログ

カズミアの冒険 Webサイト制作回想 Ⅰ「思考編」 

こんにちは、萩原です。
ブログの更新が停滞気味でしたが今後はこちらのブログも頻度高めに発信していければと思っています。

法人化するとともこのWebサイトを立ち上げました。
ありがたいことにこのサイトが現在のビジネスの要となっており、今までたくさんのWeb制作のご相談をいただいております。

個人事業主で必死にもがいていた時期を乗り越え、うまく軌道に乗ってきて一人では対応が難しくなってきて法人化を決めたのがかれこれ8年前の2013年頃。
データの作成日を見るとその2013年からこのWebサイトを立ち上げるべく構想を練っていました。

思い返すとすごい熱量でいろんなことにこだわって完成させた記憶があります。
そんなお話。

 

その前のこと

このWebサイトを立ち上げる前に動かしていたメインサイトとさらに下記の2つのサイトも運用していました。
「デザイン」は協力パートナーに依頼。とても優秀なデザイナーさんでした。
ずっとフリーランスとして1人で設計、デザイン、コーディングまで行うというスタンスでやっていましたが、
この頃からより良いクリエイティブのために自分の得意な部分に専念し、「もっとよくしたい」という部分は自分より優秀な方に依頼すれば良いなーと思い始めていました。

UTURA

フリーランスクリエイターとしての見せ方としてこだわったサイト。

当社の経営理念
“ものづくり”から“ものがたり”へ
はこの時、すでに決めていました。

「親しみやすいWebサイト作り」を全面に押し出して作っていました。
下記のような記事に取り上げていただいたりとありがたい評価をいくつか頂いたりもしました。
参考にしたい日本人クリエイターのポートフォリオサイト 40

このUTURAサイトから今もお付き合いのある良いお仕事に繋がったこともあります。

fushigina

カラーミーショップを中心にネットショップ構築専門サイトとして立ち上げました。
ここで特化したのが主に女性にアプローチするためのデザイン・コピー。
お手伝いした事例を見て次のお客様が声をかけてくれる。
「ターゲットを見据えて良いクリエイティブを提供することはお客様を連れてきてくれる」と感じました。

 

コンセプト:物語を感じる・女性向けにフィーチャーすること

上記サイトの運用を踏まえて「女性寄りな事例」もたくさん増えました。
そこから新しく法人ドメインでのサイトを作る際は「女性だけで作るWebサイト」「girly、cute」というテーマではなく
ワクワク・ドキドキなパーティー感「ハッピーを感じる」というテーマを軸に考えていきました。

また、当社の経営理念に通ずる「物語」というキーワードも当時のメモにあちこち残っていました。

 

ワクワクすることはなんだろう?

女性は「礼儀として」「good 良いと思う」の感情でなんでも「かわいい」と表現すると聞いたことがあります。
「そのかわいいだけのクリエイティブ」ではなく本質的な購買につながる「かわいい」「ワクワクすること」はなんだろうか?と日々いろんなものを目にしていました。

  • 本当に愛されている商品
  • ファンが多いブランド
  • つい買ってしまう魅力的なキャラクター

 

こういった愛される要素から思考を重ね、Webサイト全体の設計、また細部のパーツ作りをスタートしました。
未来につなぐクリエイション、苦しかったーという記憶もなく日々ワクワクしながら取り組んでいたと思います。

「制作編」に続く。

 

再創造へ

こんな時代だから、、
改めて自社の強みがお客様の物語にお役立ちできることをみなおしリクリエイション(再創造、再構築)していければと思います。

大好きだったスーパーカーの「Recreation」という曲を思い出しました。

最近トヨタ車「AQUA」のCMでスーパーカーの「Strobolights」をyuiが歌っているのもサイコーですね。

おすすめ記事

トップへ戻る